宙組の次回作が決定!『El Japón -イスパニアのサムライ-』『アクアヴィーテ!!』

宙組



こんにちは。
Pooh(ぷう)です!

 

宙組大劇場公演のラインナップが更新されました。
演目は『El Japón -イスパニアのサムライ-』と『アクアヴィーテ!!』です。

 

これで2019年末までの演目がすべて出揃ったのですね。ついこの間年明けのファントムを見ていた気がするんですけど、1年はあっという間ですね。平成も終わりますし、元号も令和に変わりますし、刻一刻と時は過ぎていきます。

 

スポンサーリンク

『El Japón -イスパニアのサムライ-』『アクアヴィーテ!!』の概要

宝塚ミュージカル・ロマン
『El Japon(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』
作・演出/大野 拓史

スペイン南部の町コリア・デル・リオに「サムライの末裔」を自認する「ハポン(日本)」姓の人々がいる。なぜ遠い異国の地に日本の侍の伝説が残ったのか……。慶長遣欧使節団として派遣された仙台藩士を主人公に、その侍らしい心情や異文化との出会いを色濃く描きあげる、ヒロイックで快活な娯楽作品。
慶長18年、仙台藩が派遣した慶長遣欧使節団の中に、夢想願流剣術の名手・蒲田治道の姿があった。約一年の航海を経て使節団は目的地のスペイン(イスパニア)に到着するが、国王フェリペ3世との交渉が膠着し、港町セビリアの郊外にあるコリア・デル・リオで無為な日々を過ごすこととなる。ある時、奴隷として農場に売られ脱走した日本人少女を助け出した治道は、匿う場所を探して宿屋を営む女性カタリナと知り合う。近隣の大農場主から邪な欲望を抱かれながら、どんな脅しにも屈しないカタリナの凜とした姿に、治道はかつて心惹かれた女性の面影を見出していく。やがて任務を果たした使節団は帰国することとなるが、出航の迫る中、治道のもとにカタリナが攫われたとの報せが入り……。

 

ショー・トゥー・クール
『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』 ~生命の水~
作・演出/藤井 大介

香り高く、味わい深い、大人の飲み物ウイスキーをテーマに構成するショー作品。個性的なウイスキーからイメージした数々の場面において、スタイリッシュでクールな格好良さを持つトップスター真風涼帆を中心とした宙組メンバーの多彩な魅力をお届け致します。

『El Japon(エル ハポン)』『アクアヴィーテ!!』公演解説より)

 

 

『El Japón』期待してもいいのかな?

上記の作品解説を見るとどうも微妙な感じがしますけど、どうなんでしょうか?
仙台藩士の蒲田治道を主人公としてますので、真風涼帆さんがサブタイトルどおりのお侍さんであることは間違いないようです。異文化がうんぬんかんぬんというところは引っ掛かりますけど、不安がよぎります。
そもそもワクワクするような内容じゃないのがネック。

 

一方でヒロインの星風まどかさんはカタリナのように思えますけど、宿屋を営むと出ています。ちょっと星風さんのイメージとは違うような気がしますけど、作品になれば違和感がないのでしょうか。
よく読むと、かつて心惹かれた女性の面影を見出していくとありますけど、この女性は誰が演じることになるのかも気になります。

 

さらに奴隷の日本人女性も出てきます。
男性よりも女性の影が多いのも気になるところですが、男役にはどういう役が与えられるのでしょうか。

 

『アクアヴィーテ!!』は『Santé!!』の別バージョン!?

ショーは藤井大介先生で来ました!
ようやくじゃないでしょうか。宙組に新作のショーが来るというのは。それだけでも十分嬉しい!

 

こちらも気になるところとしては、花組の『Santé!!』との繋がりを色濃く感じてしまいます。
ただののんべえというのは勘弁して欲しいですけど、藤井先生なので見せ場のあるいいショーに仕上がると信じています。

 

それとなによりも気になるのが、ティアラはあるんでしょうか?
『Santé!!』のフィナーレで仙名さんがつけていたあの斬新すぎるワインボトルなティアラ。星風さんがウィスキーボトルのティアラをつけて大階段を降りてきたら驚きますけど、仙名さんで見慣れたので大丈夫かもしれません。
星風さんは可愛いので、突拍子もないものでもサラっとつけこなしそうではあります。でも、せっかくのショー、まかまどで初めてのショーなので可愛い方がいいかな。

 

ショー用のグッズも売られるのかな?

『Santé!!』は乾杯が楽しいショーでした。
私は残念ながら通路から遠い真ん中の席と、2階席だったので「サンテ」をすることができませんでした。

 

『アクアヴィーテ!!』でも乾杯はあるんでしょうか?
ウィスキーグラスが売られるような気がしてなりません(笑)。二匹目のドジョウ狙いといくのか、違う作戦でいくのか。
同じような内容ですとつまらなく感じますので、藤井先生には本当の新作でお願いしたいです。

 

客席降りはありそうですけど、参加できるような座席だと嬉しいです。でも、こればかりは確率が低いとしか言えませんね。そうそう通路側なんて当たりませんから。

 

大野先生も藤井先生もよろしくお願いします!

 

お読みいただいてありがとうございます。
よろしければ応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

 

コメント