美弥るりかさんのお茶会参加@「カンパニー」トークが楽しすぎて面白すぎでした

お茶会



こんにちは。
Pooh(ぷう)です!

 

久しぶりのお茶会参加です。
前回参加したのが、沙央くらまさんの最後のお茶会です。3ヵ月以上もお茶会に参加してませんでした。

 

昨日4月30日は、月組の美弥るりかさんのお茶会でした。
美弥さんではいつもお世話になっているRちゃんからのお声掛けです。
美弥ちゃんのお茶会は前回の「All for One」以来ですから、7ヵ月ぶりの生美弥ちゃんでした。そんなに経つんだっけ、と今振り返って驚きました。
「All for One」はディナーショーだったんですね。そっか。それでこんなに空いた感じなのでしょう。

 

今回は、レポ禁のアナウンスはありませんでした。
会場で何度も注意してアナウンスを聞いていたので大丈夫かとは思いますが、前回の「All for One」がレポ禁だったことを踏まえて、常識の範囲内で記録しておこうと思います!

 

あくまでも記憶を辿ってますので、正確な明記ではありません。
「こんな感じだったという場の雰囲気」を感じ取ってくださいますようお願いいたします。

 

スポンサーリンク

本日の美弥るりかさん

「白鳥の湖」の音楽で登場した美弥さん。

 

お召し物は、黒のジャケットに白いTシャツっぽいシャツ、黒のパンツ、茶色とブロンズカラーのラインが入ったスニーカー、黒に白の水玉と黄色が交互の入ったロングスカーフでした。
カッコよすぎて眩暈を起こしかけました。

 

その後ステージにあがった美弥さんのご挨拶の後、恒例のペットボトルでの乾杯でした。
他のジェンヌさんでもペットボトルの乾杯は多いですけど、なぜか美弥さんの場合楽しそうな雰囲気なのです。
きっと、前に「この光景が好きです」と美弥さんがおっしゃったからかな。

 

カンパニー

「高野悠について同じ舞台人としてどう思うか」
同じ舞台人と言っても、高野はバレエで肉体だけで表現をするのが凄い、とバレエダンサーへの尊敬をおっしゃってました。
美弥さんはバレエを習っていた時に、フランスへ行ったことがあるそうです。
その時にみんなが(プロの)バレエダンサーを目指して切磋琢磨していて、そのエネルギーが凄かったとのこと。

 

高野は(瀬川)由衣にツンデレだけど、私はそうじゃない、と主張されてました。
美弥ちゃん優しいからツンデレとは真逆かと思います。

 

「ギックリ腰はいつ直ったのか」
この質問に会場中が大爆笑でした。

 

ギックリ腰で踊れないからロットバルトを演じると言っていたのに、気づけば悪魔と悪女を演じることになっていて、紗良の出番まで奪っているという、とおっしゃった美弥さん。
ギックリ腰になったあと、そのまま銀橋に向かうので、ここで完治したのでしょう、銀橋は夢の橋ですから、と独自の解釈をしていただきました。
みんな納得です。
これから観劇される方はそこも注目して欲しい、とおっしゃってましたので、ライブ中継でじっくり見たいと思いました。

 

「瀬川由衣をいつから好きになったの?」
由衣がウィーンに追いかけてきてくれた時かな、とおっしゃってました。
舞台では詳しく描かれてませんが、原作の高野はすごくモテている人物だそうです。

 

「フラッシュモブでのおかしはどれが好きですか?」
高野はお菓子を食べません、とおっしゃってました。
ただ最初はお菓子を受け取らず拒否していたら、傷ついた顔をするので、貰うようにしているとのことです。
美弥さん個人としては、わたあめがお好きだったそうです。

 

それと縁日で好きだったのが、金魚すくい。
金魚日記をつけていたそうです。
金魚やメダカが好きで、もっと金魚やメダカに近づきたいと思っていた美弥さん。
そこでメダカに近づくのには、水中メガネの中にメダカを入れて、メガネをかけたらまさにメダカに近づけていつも一緒にいれる、と思っていたそうです。
いざ実行しようとしたら、止められて断念。
美弥さんは、まさかこの話をするとは思わなかったし、一生話つもりはなかったのに、とおっしゃってました。
子供らしい可愛いエピソードですね。
でも、本当に止めてくれてよかったです。
あの美しい瞳が傷ついてしまったかもしれませんから。

 

BADDY

司会の方が「BADDYの質問です」とおっしゃった時、美弥さんが「あ、ビックリした。「バッディからの質問」かと思った」とおっしゃってました。
珠城さんから質問もらえたら面白かったですね。

 

「タバコの扱いはどうだったか」
特に練習はしていないが、イメージでカッコいい持ち方を考えてやっている、とのことでした。
映画を参考にされてるとか。

 

「ポッキーとの絡みは事前に決めているの?」
特に決めておらず、その場で生まれるそうです。
その日の気分で決まるとか。
ポッキーのムカツキ度(笑)が、日によって違うので、そこも左右されるようです。

 

「バッディに一番の女、と言われたことについて」
美弥さん、すかさず、「そんなセリフある?」とツッコミます。
ナウオンで珠城さんがおっしゃたこと、と説明が入りました。

 

スイートハートは、女の人とは一緒にしないでという気持ちがあって、グッディーズには冷たい態度とのこと。
バッディーに対しては地球に来てグッディに夢中になってから嫉妬しているそうです。

 

「セクシーな衣装について」
最初どの衣装のことかピンとこなかった美弥さん。
ビッグシアターでの場面ということで、女装のところと気がつかれました。
毎日これが最後だから、と言い聞かせながら着ているそうです。
当初はそんなにセクシーな感じがしない衣装で、ポッキーよりマシかなと思っていたそうですが、実際着てみたらすごくセクシーな衣装だったと驚かれたそうです。

 

ここの場面の前後、美弥さんはとても忙しいらしく、走って場面に登場しているとのこと。
時々イヤリングが落ちそうになると、としちゃん(宇月さん)に渡しているそうです。

 

「スイートハートについて」
身体は男、中身はジェンダーフリーとして演じている。
スイートハート自身、男とか女とか思ってはないそうです。
観る方が「あの人、男だったの?女だったの?」と思われたらいい、とのことでした。

 

「バッディとポッキー、本命はどっち?」
天国でバッディとグッディは結ばれるし、考えたことがなかったが、その日の気分かな、とおっしゃってました。
どっちが好きかというと、ちょっとポッキー寄りかな、とのことです。

 

その他

美弥さんはバレエシューズを履くとは、必ず右足からだそうです。
間違えて、左から履いてしまった時は、右から履きなおすとか。
ご自身のリズムなんですね。

 

月組本の表紙は、3人がお揃いのジャケットを着ているところがポイントだそうです。
気づきませんでしたが、今見たら確かにお揃いのジャケットですね!
お気に入りは水戸の3ショットだとか。
なぜこういうシチュエーションにしたのかが面白かったです

 

「雨に唄えば」の制作発表会では、珍しく珠城さんと2人だけの会見だったので、質問がたくさん回ってきて大変だったそうです。
通常の制作発表会には、もっとたくさん壇上に上がるそうなので、一人に当たる質問の数も少ないのだとか(2・3問くらいとのことです)。
BS-TBSで5月19日に放送されるそうです。
番組では、星組時代にお世話になったとうこさん(安蘭さん)と、久しぶりに再会して嬉しかったそうです。

 

「今回の退団者への思い」を語ってくださいました。
組として大きな存在の方々の卒業なので、みんなとの思い出がたくさんあると感慨深くおっしゃってました。
としちゃんは兄弟のように過ごしてきたし、わかばちゃん(早乙女さん)は新公の時のヒロインだった、とお話してくださいました。
タカラヅカに卒業はつきもので、すべてが永遠に続くことはない、と言いつつもとても寂しそうに語られてました。

 

ウエルカムボードとダッフィーくん

お話の他は、ハイタッチコーナーと抽選会がありました。
ハイタッチ、至福の時間でした。
美弥さんのハイタッチは、一人一人に丁寧に接してくださり、少し握ってくださるので、ほぼ握手の状況です。あれだけの大人数に素敵な笑顔で接してくださり、お心遣いに感謝いたします。2公演を終えた上にお茶会で、その上全員とハイタッチ(という名の軽い握手)ですもの。

 

▼ウエルカムボードとダッフィーくんです

美弥るりかお茶会『カンパニー』

すごい列だったのですが、頑張って並んで撮りました!
どうしてももう1枚撮りたかったので、帰りにも撮らせていただきました。
今回のダッフィーくんは、高野悠バージョンではなく、スイートハートバージョンでした♪

 

次回のお茶会は『雨に唄えば』に開催だそうです♪
開催時期の間がそんなに空かないですね。
楽しみにしています!

お読みいただいてありがとうございます。
よろしければ応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

 

コメント