望海風斗&真彩希帆が神々しいくらい美しい『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』先行画像

望海風斗のONCE UPON A TIME IN AMERICA 雪組



こんにちは。
Pooh(ぷう)です!

 

雪組の『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』の先行イメージ画像が更新されてました。

 

望海さんは文句のつけようのない男のカッコよさが出てますし、真彩さんに至っては寄り添っているだけなのに望海さんの役の女神的存在なのがわかる雰囲気が醸し出されています。だいきほはやっぱりいい!

 

スポンサーリンク

原作との違いを楽しみたい『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』

映画が原作になる小池修一郎先生の一本ものミュージカルとなる次回作。元の映画はギャング映画なのでどういう感じになるのかドキドキしてましたけど、ギャングはあまり強くない感じになっています。ポスターはどう仕上げてくるのかますます期待が持てちゃいます。

 

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」は、1984年に公開された、セルジオ・レオーネ監督によるギャング映画。凄まじい勢いで変貌を遂げる20世紀のアメリカ社会を背景に、主人公の少年期、青年期、初老期という3つの時間軸を交差させる緻密な構成、サスペンス的な要素も織り交ぜたドラマティックな展開が熱狂的ファンを生んだ傑作です。数多のミュージカル作品を生み出してきた小池修一郎の脚本・演出により、確かな実力を備えた望海風斗を中心とした雪組が、この作品の世界初のミュージカル化に挑みます。ニューヨークの貧民街で暮らす移民の少年達が、ギャングとして成りあがって行く過程で育む友情と絆、恋を中心に、その後の悲劇的顛末までをノスタルジックな情感で描き上げる、新たなミュージカル作品の誕生にご期待ください。

引用元:『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』作品解説より

 

フィナーレが入るとはいえ一本ものであれば原作に近い形で表現することが可能です。確かこの映画は結構長かった記憶がありますけど、小池先生なのでうまくまとめてくれると思います。

 

物語の展開にも期待したい

映画はヒロインとの恋愛よりも育んだ友情に数奇な運命が重なるようなストーリーだったと記憶しています。だいぶ前に一度観ただけなのでかなり曖昧ではあるのですが。しかも残酷なシーンの印象も強かったです。
ギャング映画なので仕方がありませんが、タカラヅカで「ギャングで残酷」というのは似合わないのでタカラヅカ風になるのでしょうね。それがどんなアレンジになるのか楽しみになってきました。

 

映画ではロバート・デ・ニーロ演じる主人公のヌードルスと、ジェームズ・ウッズが演じる親友マックスの話が主軸です。宝塚歌劇団HPの作品解説でも書かれています。望海さんと彩風さんがしっかり組んだ作品になるのでしょうけど、だいきほも美しく取り入れて欲しいです。そして美しい旋律のメロディな歌を聞かせてくれたら、なによりもファンとしては幸せです。

 

ジェニファー・コネリーが演じた少女時代のデボラは潤花さん?

映画『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』では、ヒロインのデボラの少女時代をジェニファー・コネリーが演じます。これがスクリーンデビューとなり彗星のように現れた美少女的な注目を集めたようです。
当時は年齢的にオンタイムでは見れてませんが、その後にDVDで見て、あまりの美しさに驚きました。この役を演じる娘役さんが誰になるのか楽しみですけど、きっと潤花さんかな。華やかで愛らしいという点ではバッチリです。

 

お読みいただいてありがとうございます。
よろしければ応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

コメント