星組次期トップコンビは礼真琴さんと舞空瞳さん『ロックオペラ モーツァルト』

星組トップスターは礼真琴 星組



こんにちは。
Pooh(ぷう)です!

 

昨日になりますけど、ついに星組の次期トップコンビが決定いたしました!

 

星組 次期トップスター、トップ娘役について

この度、星組 次期トップスターに礼真琴、次期トップ娘役に舞空瞳が決定しましたのでお知らせいたします。
舞空瞳は、2019年4月29日付で花組から星組に組替えとなります。

なお、礼真琴、舞空瞳の新トップコンビとしてのお披露目公演は、2019年11月20日に初日を迎える星組梅田芸術劇場メインホール公演『ロックオペラ モーツァルト』となります。

引用元:宝塚歌劇団HP「星組 次期トップスター、トップ娘役について」より

 

 

礼真琴さん、舞空瞳さん、就任おめでとうございます!

 

スポンサーリンク

礼さんファンが大喜び!

友人や師匠からの連絡で大興奮のやり取りで過ごすという、とても贅沢な夜でした。それはそれはみんな大喜びです。礼さんファン以外のヅカファンからもLINEやらメールやらが届きました。
それだけ期待が大きいということなのでしょう。

 

私も礼さんは大好きですけど、とにかくうちの師匠が大・大・大ファンなので、師匠の喜びったら尋常ではなかったです。私の礼さん好きは師匠から引きずられた感じですから。今では我が家は全員礼さんファン!
自分のことのように喜んでました。

 

また、友人やヅカ友もみんな喜んでくれました。嬉しいですよね。普段あまり交流がない方からも連絡をいただき、礼さん贔屓であることを覚えてくれているのが素直に嬉しいです。年賀状みたいな感覚ともまた違った感じ。たとえが変ですね。

 

お披露目公演は『ロックオペラ モーツァルト』

お披露目公演についても師匠と話をしました。師匠は最初小池修一郎先生演出の『モーツァルト!』だと勘違いした、と言ってました。確かにそっちを思い浮かべちゃいます。

 

『ロックオペラ モーツァルト』は別物で、以前に上演したこともあります。それを師匠と見に行きました。ミロス・フォアマンの『アマデウス』のような内容の舞台です。アマデウスはアントニオ・サリエリが主人公ですが、『ロックオペラ モーツァルト』はモーツァルトが主人公です。視点が違うとこうなるよ、という感じだった記憶があります。
曲もよかったです。これを礼さんが演じるというのですから、今から待ち遠しいです。

 

モーツァルトとサリエリの作品なので、コンスタンツェの影が薄いことが唯一気になるところでしょうか。舞空さんを相手役にするのに、影の薄いヒロインはあり得ないでしょう、と師匠も言ってました。

 

まずは礼さん主演の全国ツアーが楽しみです!

全国ツアー前の発表となりましたので、余計に全国ツアーが楽しみになりました。会場では、お祝いムードが高めになる気がしており、胸が高まります。
ヅカ友にも久しぶりに会えますし、たくさんお話したいと思ってます。そういえば、華さんのお茶会に行ったって言ってたから、話を聞きたいです。可愛いんでしょうね。

 

礼さん主演の全ツはお芝居も気になりますけど、ショーの構成がどう変わるのかを楽しみにしています。『ESTRELLAS』は元がすでに礼さんが出ずっぱりのイメージだったんですけど、さらに場面が増えるのかどうかが気になってます。

 

お読みいただいてありがとうございます。
よろしければ応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

 

コメント